2019.4.3
/
くらし

木造の注文住宅に長く住むために、知っておきたい3つのポイント

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
注文住宅を建てるとき、「できるだけ長持ちする家をつくりたい」という思いはだれしもが抱くことでしょう。注文住宅の中でも、木造住宅を長持ちさせるには建築前に知っておくべき注意点があります。木造住宅の大敵は、湿気・シロアリ・地震の3つです。一生暮らせる住まいづくりのために、これらの対策について知識を付けて備えましょう。

床下に湿気が溜まらないよう対策する

家全体を支える床下に湿気を溜めないために、防湿対策を施しましょう。木には調湿効果があるため、木造住宅の室内は快適な湿度に保たれます。しかし、床下の湿気対策が十分でないと外部から湿気が入り、結露が発生しジメジメした環境になりかねません。床下の湿気は木材を傷め、カビやシロアリが発生する原因になります。床下の湿気対策として、床下を完全に密閉する方法も有効です。

土壌が床下に露出しないよう、防湿シートで覆い、結露の原因となる外部からの湿気を防ぎます。さらに、床下用除湿器を設置する対策もあわせて行うと、床下のコンクリートから出る水分が排出され、湿気をシャットアウトできるでしょう。他には換気システムによって、室内だけでなく床下まで空気を循環させる方法もあります。

どのような形で住宅の湿気対策を行うのが適しているのか、詳しく知りたい場合には事前に住宅会社の担当者と打ち合わせをしておきましょう。

【無料小冊子】「本当にいい家」の条件とは??

シロアリを寄せ付けないために知っておきたいこと

普段の生活の中でシロアリを寄せ付けない工夫をすることで、住まいを長持ちさせることができます。シロアリが避ける環境を整え、シロアリの繁殖を防ぐことがシロアリ対策の基本です。

シロアリのエサになる木材を家の周りに置かない

シロアリは枯れ木を食べて生活するため、家の周りに枯れ木や廃材を放置すると、そこがシロアリの巣になってしまうことがあります。枯れ木や廃材の他にも、ウッドデッキや花壇を覆う木の柵などが古くなった場合も、シロアリの巣窟となりかねません。

家の周りで繁殖したシロアリを住まいに近づけないためにも、住宅の近くに古い木材を置かないことや、枯れ木の処分を早めに行うことを心がけましょう。ウッドデッキや木製の柵が傷んだら補修工事を行うようにしてください。

建物の基礎に日が当たるよう家の周辺を手入れする

建物の周辺を手入れして、日光が当たる場所を確保することもシロアリ対策の一つです。建物の近くにプランターやガーデニング用品などを放置すると、基礎部分に陰ができやすくなってしまいます。シロアリを寄せつけないために、なるべく建物から離れた場所に設置し、建物の基礎に日光が差し込むように工夫しましょう。

また、庭の雑草もこまめに抜き、建物が日陰にならないよう家周辺の手入れをしましょう。

地震に強い耐震構造の住まいづくり

地震大国である日本では、住宅にも大きな被害が出てしまうような地震がたびたび起こります。家族の安全を守り、長く住み続ける家を建てるために、建築を依頼する住宅会社がつくる住宅の耐震性能を確認しておきましょう。

どの程度の地震まで耐えられるかを表す耐震性能は住宅会社によって異なります。そのため、事前にパンフレットを取り寄せたり住宅展示場へ足を運んだりして、地震に強い住まいを建てるノウハウを持った住宅会社を選びましょう。

地震に強い家づくりについては、こちらをご覧ください。
>>地震大国だから知っておきたい、災害に強い家づくり

木造住宅の大敵を知って対策すれば、住まいは長持ちする

木造住宅の大敵は湿気・シロアリ・地震ということが分かりました。ひとつひとつの対策は、日々の習慣の積み重ねや、住宅を建てる前のちょっとした工夫ですが、どれも住まいを長持ちさせるためには欠かせないものです。こうした予備知識を踏まえて対策を講じれば、大切な住宅により長く住むことが期待できるでしょう。

>>【無料小冊子プレゼント】「本当にいい家」に住みたい人に知ってほしいこと
 

【オススメ記事】
住宅ローンを使うための基礎知識【諸費用について】
どんな種類があるの?住宅ローンのあれこれ
大切な暮らしを守る、一戸建て住宅のセキュリティ対策
住宅ローンは自己資金なし、全額ローンでも借りられるメリットとは
還付金が最大50万円!知って得する住宅ローン控除の基礎知識

NEXT 断熱化は暑さ寒さの解消だけでなく、健康にも好影響があることが明らかに
PREV 見落としがち!住宅ローンの諸費用は何にいくら掛かる?

関連記事