2019.7.4
/
こだわり

小物にもこだわって。木の家の内装を考える際のポイント

(写真=株式会社もりぞう)
(写真=株式会社もりぞう)
無垢材に囲まれた木の家で暮らすのなら、「小物にまで木にこだわりたい」という人もいるでしょう。優しい手触りで、癒し効果もある木の小物を、インテリアとして飾ってみませんか?今回は、木の小物を使ったインテリアのポイントについて紹介します。

インテリアになる木の小物の使い方

インテリア小物を飾ってお気に入りの空間をつくるときには、はじめにインテリアのテーマを決めて、部屋に統一感を持たせるようにします。例えば、「夏」というテーマを選んだときには、海や川を思わせる青をアクセントに使用してみましょう。インテリア小物には、木でつくられたヨットや流木、ミニチュアのサーフボードを使用するのもおすすめです。

自然をテーマにして観葉植物を多く配置したり、アジアンをテーマにして籐(とう)を使った小物を飾ったりしてもよいでしょう。

インテリア小物の配置方法

棚や空いているスペースにインテリア小物を配置する場合には、小物を前後に配置して奥行きを出したり、小物と小物をぴったりとつけずに一定の間隔を空けたりするなど工夫します。小物を多く置き過ぎると雑然とした印象になってしまうため、本当にお気に入りのものを数点飾るだけにとどめておきましょう。

棚だけでなく、壁や天井を使って小物を飾ることもできます。壁にはアートやガーランドを飾り、天井からは植物を吊り下げたり、藁(わら)でつくったヒンメリ(フィンランドの伝統的な装飾品)を飾ったりするのもおすすめです。

こんなにある!内装となじむ木の小物

ここからは、木の家になじむ小物を紹介します。

キッチンストッカー

調味料が収納できるストッカーを木製でふた付きのものにすると、インテリアにもなります。オープンタイプのキッチンやダイニングに置いてみてください。

木のおもちゃ

カラフルで優しい肌触りの木のおもちゃを、インテリア小物として飾るのもよいでしょう。木琴、パズル、積み木、ひもを引くと動く犬のおもちゃなど、かわいらしいものがおすすめです。

壁掛けのアート

壁にアートを飾りたいのなら、木製のアートを飾ってみてください。絵画やイラストよりも購入のハードルが低く、さまざまなテイストのインテリアに合わせやすいという特徴があります。

飾り台

インテリア小物を飾るための飾り台もあります。ヒノキやクワの木を使った天然素材の飾り台は、重厚感があり、ラグジュアリーな空間によく合います。

【無料小冊子】「本当に住みたい家」のポイントを見てみる

個性派におすすめのアイテム

最後に、個性的なインテリアを目指す人におすすめしたいアイテムを紹介します。

木のままのポールハンガー

自然木の枝の形を活かし、そのままポールハンガーにしたアイテムです。一つとして同じ形の製品がないというのが、このポールハンガーのポイントです。木の形そのままのため、無垢材に囲まれた木の家のどの空間にも合うでしょう。実用性も高く、コートやバッグ、帽子などを掛けておくことで、出かける準備がすぐに整います。

木の壁掛け時計

個性的な形の木の壁掛け時計は、空間のアクセントになります。ハンドメイドでオリジナリティのあるデザインの時計を飾ってみましょう。

木製の照明

すべての照明を木製にするのではなく、一部を木製品の照明にすることで空間のアクセントになります。寝室ならテーブルライト、ダイニングならペンダントライト、リビングに置くならフロアライトや間接照明といったように、インテリアのワンポイントに利用してみてください。

木の香りに包まれた、癒しの住宅をつくろう

今回紹介したもの以外にも、木製のインテリア小物は数多くあります。自宅にぴったりな小物を探してみましょう。より洗練されたインテリアを目指すのであれば、すべてを木製品に統一せずに、素材が異なる家具を配置して、空間を引き締めるよう意識してみてください。お気に入りのものを取りそろえて、いつでも落ち着ける空間をつくってみてはいかがでしょうか。

>>【無料小冊子プレゼント】「本当にいい家」に住みたい人に知ってほしいこと
 

【オススメ記事】
家事や育児がしやすい家づくりのポイント
木の家にぴったりなハイクラスのインテリアを考える
二世帯住宅を建てる際のポイントと注意点とは
書斎にシアタールーム、注文住宅でかなえたい5パターンの趣味部屋
注文住宅の間取り決めは難しい!間取りを楽しく考える3ステップ

NEXT ヒノキの家はシロアリに強いって本当?注文住宅だからこそできるシロアリ対策
PREV 木の家の和モダンなダイニングのつくり方

関連記事