2019.6.6
/
こだわり

和モダンな玄関の作り方

(写真=株式会社もりぞう)
(写真=株式会社もりぞう)
「おじゃまします」とお客様が家に入ってきたとき、まず目に入るのは玄関のインテリアです。玄関は、家の印象を決める場所といっても過言ではないでしょう。家の顔である玄関を、和モダンなテイストにして高級感のあふれる空間にしてみませんか?ここでは、和モダンな玄関の作り方を紹介します。

和モダンな玄関の作り方 

和モダンな玄関を作るためのコツはいくつかあります。まずは玄関扉。和風な玄関扉といえば引き戸です。木を組み合わせた格子戸を採用すると、どこか懐かしく落ち着きのある玄関まわりになります。次に玄関の床です。昔ながらの土間にすると、より和の空間に近づきます。個性的な家を目指しているのなら、玄関の土間をリビングまで続けてみてください。

新しい空間に古風な造りがマッチングし、より和モダンな家になります。玄関全体を和で統一し、玄関の床は大理石にして、あえてテイストを外すのもおしゃれです。「玄関の中に石畳を作る」というアイデアもあります。玄関と廊下の床の中間に、上がり框(かまち)と呼ばれる横木を設置し、さらに靴脱ぎ石を置くと玄関の出入りがしやすくなるでしょう。

靴の着脱が楽になり、来客時にも喜ばれることでしょう。収納もクローゼットの扉によくあるような折り戸ではなく、引き戸にすると和の雰囲気を損ないません。和モダンな空間を作るときには、積極的に自然素材を取り入れるものもポイントです。

>>心地よいひのきの家、モデルハウス見学予約はこちら

>>木曾ひのきの魅力を存分に!体験ツアー申込みはこちら

和モダンに合う玄関にあるとうれしい和の造り

玄関をおしゃれに飾りたいときには、次のようなアイデアを試してみてください。

茶室のような玄関

玄関の横の壁に床の間を作ります。そこに活けた花を置くだけで、より高級感のある玄関になります。壁にはモダンで空間に融合するような絵画を飾ってみましょう。

照明にこだわる

足元にダウンライトや床置きの和風の間接照明を設置してみてください。料亭のような高級感と、安全性の向上の両方をかなえることができます。

市松模様でかわいらしく

和のテイストが強くなると、高級感や重厚感に合わせて渋さが出てきます。渋過ぎず、かわいらしい空間にしたいのなら、市松模様を取り入れてみてください。玄関の収納の扉や壁紙の一部を市松模様にすると、デザイン性の高い空間になります。

和モダンな玄関に合う小物は一輪挿しや盆栽などがおすすめ

季節や気分で小物を変えて、いつでも新鮮な空気が感じられる玄関にしてみませんか?最後に、和モダンな玄関に合う小物を紹介します。

モダンな炭の置物・アート

料理店やホテルのようなラグジュアリーな空間を目指すなら、炭を使ったモダンなアートを飾ってみましょう。インテリア用の備長炭や壁掛けパネル、絵画のようにフレームに入ったオブジェなどさまざまなデザインのものがあります。好みのものを探してみましょう。

陶器の一輪挿し・ミニ花瓶

波佐見焼(はさみやき)や有田焼、九谷焼など、有名な焼き物の一輪挿しや小さな花瓶を置き、季節ごとに異なる花や木を飾ります。「あまり派手な飾りはしたくないけど、彩りがないのでは何となく寂しい」というとき、一輪挿しはさりげない華やかさを空間に与えてくれます。

金魚鉢

玄関に小さな金魚鉢を置くと、涼しげでやわらかい雰囲気の空間になります。本物の金魚を入れなくとも、レプリカの金魚を入れたり、昔ながらの透明ガラスの金魚鉢に水草を浮かべてみたりするのもおすすめです。スイレンを浮かべるとリゾート感も出ます。

ミニ盆栽

ミニ盆栽にもさまざまなタイプがあります。梅や桜の花が咲くものやモミジなど、四季が感じられる盆栽を飾ってみましょう。盆栽があるだけで落ち着いた雰囲気になります。

高級感のあふれる和モダンな玄関でお客様をおもてなししよう

和モダンな玄関を作るときは、自然素材をふんだんに使い、昔ながらの和の心と、現代のシンプルさを融合させるようにしてみましょう。小物を置くときも多数の小物を置くのではなく、とっておきの小物を一つだけ置くようにします。壁にかけるアートも空間と合わせて、炭のアートのようなシンプルなものを選んでみてください。

>>心地よいひのきの家、モデルハウス見学予約はこちら

>>木曾ひのきの魅力を存分に!体験ツアー申込みはこちら

>>【無料小冊子プレゼント】「本当にいい家」に住みたい人に知ってほしいこと
 

【オススメ記事】
家事や育児がしやすい家づくりのポイント
木の家にぴったりなハイクラスのインテリアを考える
二世帯住宅を建てる際のポイントと注意点とは
書斎にシアタールーム、注文住宅でかなえたい5パターンの趣味部屋
注文住宅の間取り決めは難しい!間取りを楽しく考える3ステップ

NEXT 注文住宅の設備で後悔しないために。本当に必要な設備選びのポイント
PREV 注文住宅の収納アイデア!暮らしにあった便利な収納をつくろう

関連記事