2018.12.25
/
こだわり

多機能住宅のつくり方~医院(クリニック)編~

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
個人医院・歯科医院・動物病院など医院(クリニック)を併設した住宅を新築しようとする際、通常の家づくりとは異なる点を意識して設計する必要があります。家族の生活空間と患者さんのプライバシーをそれぞれに守り、居心地のいい間取りを実現するポイントを考えてみましょう。

>>心地よいひのきの家、モデルハウス見学予約はこちら

>>木曾ひのきの魅力を存分に!体験ツアー申込みはこちら

医院(クリニック)併用住宅を建てるメリット

自宅に医院(クリニック)を併設すると、通勤時間を大幅に短縮し有効に使えるという大きなメリットがあります。通勤ラッシュや長時間の移動に悩まされることがなくなり、また家族との時間を大切にできるようにもなるでしょう。仕事の面から見ても、急患に対して即時対応が可能になったり、休憩時間には自宅でリフレッシュできたりすることも魅力といえます。

医院(クリニック)を訪れる患者さんにとっては「地元のお医者さん」として親しみやすさを感じられ、地域に根差した医療を目指す人にもぴったりでしょう。医院(クリニック)併用住宅で住宅ローンを利用できるのは、住宅部分のみを対象とし、医院(クリニック)部分は事業用の融資を受けなければならないこともあります。これらのローンについては、金融機関によって異なりますので、詳しくは金融機関に相談しみましょう。

また、要件を満たすことで住宅ローン控除(住宅ローン減税、住宅借入金等特別控除)も活用できます。

住宅ローン控除とは、2021年12月31日までに入居した場合、10年を控除期間として年末時の残高等×1%(年間最大40万円 ※認定住宅の場合は50万円)が控除されるというものです。要件には以下のようなものがあり、これらを含むすべてを満たす場合にのみ適用されます。

(1) 新築または取得の日から6ヵ月以内に入居し、適用を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること
(2) この特別控除を受ける年の合計所得金額が、3,000万円以下であること
(3) 新築または取得をした住宅の床面積が50平方メートル以上であり、店舗併用住宅などの場合は床面積の2分の1以上の部分が居住用であること

※店舗や事務所などと併用になっている住宅の場合は、店舗や事務所などの部分も含めた建物全体の床面積によって判断します。

医院(クリニック)併用住宅でみんなが快適に過ごすためのポイント

医院(クリニック)併用住宅を建てる場合には、まず手掛ける住宅会社の経験や知識が重要です。通常の住宅と比較して特殊な設計・設備になることが予想されるため、医療施設の実績がある会社に依頼するのが安心でしょう。また、医院(クリニック)の診療科目によって必要な部屋数、設備、動線などは異なります。設計担当者とじっくり相談をして、適切な診療ができ、訪れる患者さんにとってどのような医院(クリニック)なら居心地がいいのかを探っていきましょう。

また、住宅として家族がくつろげる空間づくりにも配慮する必要があります。医院(クリニック)併用住宅スタイルの場合、一般的に2パターンあり、1階がクリニックで2階を自宅とするパターン、道路に面する側がクリニックで、敷地の奥に自宅を併設するパターンが考えられます。階層で分ける場合には、「家族専用の階段を設置して足音や生活音に配慮した設備を追加する」「エリアで区分する場合にはクリニックと家族の玄関を離して角度を調整する」など設計を工夫しましょう。患者さんやクリニックのスタッフと家族が、お互いに見えてしまわないよう窓の配置にも留意が必要です。

医院(クリニック)併用住宅を建てる場合の注意点

住宅を兼ねているとはいえ、医院(クリニック)を新築する場合には消防法や薬事法といった、さまざまな規制をクリアしなければなりません。診療所開設届や保険医療機関指定申請など複数の書類を作成することが必要です。さらに、その書類を所定の機関に申請して承認されて初めて、医院(クリニック)として開業することが可能になります。建物を建てる時間だけでなく、各種手続きにも時間を要することを考慮しておきましょう。

また、医院(クリニック)内の設備や機器によっては特殊な構造や、給排水への配慮が必要になることもあります。施工が始まった後で慌てないよう、必要設備については必ず設計の段階で担当者に相談するようにしましょう。

信頼できる建築会社を選ぼう

医院(クリニック)併用住宅は、地域のかかりつけ医として長く愛される医師を目指す人に人気のスタイルです。打ち合わせから施工、竣工までには長い期間が必要となるため、ゆとりを持った計画を立て、患者さんにも家族にも居心地のいい空間を目指しましょう。

>>心地よいひのきの家、モデルハウス見学予約はこちら

>>木曾ひのきの魅力を存分に!体験ツアー申込みはこちら

>>【無料小冊子プレゼント】「本当にいい家」に住みたい人に知ってほしいこと
 

【オススメ記事】
家事や育児がしやすい家づくりのポイント
木の家にぴったりなハイクラスのインテリアを考える
二世帯住宅を建てる際のポイントと注意点とは
書斎にシアタールーム、注文住宅でかなえたい5パターンの趣味部屋
注文住宅の間取り決めは難しい!間取りを楽しく考える3ステップ

NEXT なぜ富裕層はワインが好き?自宅地下にワインセラーのある暮らし
PREV 木の家に映える、こだわりの高級デザイン家電

関連記事