2019.10.25
/
くらし

天然の湿度調整「天然木」で年中快適なくらし

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
湿度の高い日本では、住宅の湿気対策に悩まされている人も少なくありません。年中快適な住宅にするために、エアコンや除湿器を活用するのも手ですが、地球環境に配慮しつつ湿度を調整したいのなら、天然の木をふんだんに使った住宅でくらしてみませんか?

>>木曾ひのきの魅力を存分に!体験ツアー申込みはこちら

>>【無料小冊子プレゼント】「本当にいい家」に住みたい人に知ってほしいこと

湿度の調整は大切

湿度が60%を超えると、ダニやカビが増殖しやすい環境になります。ハウスダストによるアレルギーを防止するためには、通年の湿度調整で湿度を抑えることが必要です。しかし室内が乾燥しすぎるとウイルスが飛散しやすくなり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。ハウスダストやウイルスの影響を受けにくい環境にしたいのであれば、室内の湿度は50~60%に保っておきたいところです。

湿度の調整には何を使う?

多くの人は、湿気の多い時期にエアコンや除湿器、乾燥する時期には加湿器を使って湿度を調整しているのではないでしょうか。しかしこれでは電気代がかかってしまうだけでなく環境にもやさしくありません。それ以外の方法では、湿度が高いときには窓を開けて換気したり乾燥時にはぬれ雑巾を干したりするといった方法もありますが、手間がかかるのがデメリットです。

環境にやさしく手間もかからない湿度調整の方法を探しているのなら、天然の木を活用してみましょう。

>>木曾ひのきの魅力を存分に!体験ツアー申込みはこちら

>>【無料小冊子プレゼント】「本当にいい家」に住みたい人に知ってほしいこと

天然の木を住宅に使うと自然に湿度が調整される

天然の木は、伐採された後も「呼吸」をしているといいます。もちろん動物のような呼吸をしているわけではなく周囲の温度や湿度に合わせて空気中の水分を吸収したり放出したりしているのです。建材として加工された後でも、この調湿機能は働き続けます。壁や天井、床に無垢材を用いた部屋と、木目調のビニルクロスを用いた部屋で睡眠時の湿度を比較すると、季節に関係なく無垢材の部屋のほうが湿度が低くなることも分かっています。

人は睡眠時に呼吸や発汗などによって水分を放出していますが、無垢材はその湿気を吸収できるのに対し、ビニルクロスは吸収できないためこのような差が生まれると考えられます。ただし木材の湿度調整機能が働くのは、木材が乾燥して含水率が11~17%で安定していることが条件です。伐採直後の木は、中心部分で約50~60%の水分を含んでいます。

その後、長期間放置して乾燥させ11~17%の含水率で安定するようにしています。乾燥しきっていない木材では湿度調整機能が働きません。

住宅内のどこに木を使うのが効果的?

無垢材は、室内の壁、床、天井いずれにも活用できます。新築時から徐々に色や風合いが変わり、深みが出るのが特徴です。木材の種類によって使用に適している場所や特徴が異なります。

>>温もりのある木の家に住みたい!木材の特徴とメリット・デメリット

壁、床、天井と無垢材をふんだんに使用することで、住宅内にいてもまるで森林浴をしているような空間を作ることができます。木にはリラックス効果もありますから、家族のだんらんの場であるリビングやダイニング、寝室の内装に無垢材を採用して、快適かつ癒やしの空間を作り上げてみてはいかがでしょうか。内装材だけでなく家具も無垢材を使うことで同様の調湿機能が期待できます。

無垢材を使用する際の注意点は

無垢材の内装材や家具は、湿度の変化で寸法や形状が変わることがあります。湿度が低いときには縮み、湿度が高いときには膨張する点に注意しましょう。これらの作用により、反りや割れが生じることもあります。また長持ちさせるためにはお手入れも欠かせません。汚れや水が木に付着したときには、すぐにふき取り清潔に保ちましょう。

天然の調湿でカビやダニのない快適な生活を!

無垢材を使えば、電力を使わずに室内を快適に保つことができます。建材として利用する無垢材にはさまざまな種類があります。なかでもおすすめなのがひのきです。ひのきの香りは、人の脳の活動を鎮静化させることが分かっています。毎日を過ごす家をより快適な空間にしたいのなら、天然のひのきをふんだんに使った注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

>>【無料小冊子プレゼント】「本当にいい家」に住みたい人に知ってほしいこと
 

【オススメ記事】
還付金が最大50万円!知って得する住宅ローン控除の基礎知識
新築住宅を建てた後にかかる税金。10年間でいくらになる?
長期優良住宅では定期点検が義務。アフターケアで長持ちする家に
2019年の消費税率増で住宅ローン控除(住宅ローン減税)はどうなる?
住宅ローンは自己資金なし、全額ローンでも借りられる。そのメリットとは

NEXT 暖房の燃費選手権!冬期間の光熱費を軽減してくれる暖房設備はどれ?
PREV 住宅のカビは冬でも生える。寒い時期だからこその湿気対策

関連記事